チャイルドラインとは?

概要

組織名 NPO法人チャイルドラインMIEネットワーク(認定NPO法人)
住所 〒514-0125 三重県津市大里窪田町2709-1
電話/FAX 059-211-0024
メールアドレス info@childlinemie.net
ミッション

この法人は、18才までの子ども専用電話「チャイルドライン」を通して、子どもがエンパワメントし、主体が確立されることを目指します。また、子どもの声を社会発信することにより、子どもとおとながパートナーとなって、子どもの権利が保障される社会づくりを目的とします。

沿革

  • 1998年6月

    三重県子どもNPOサポートセンター チャイルドライン事業開始
    三重県教育委員会訪問 子どものための電話相談に向けての意見交換

  • 1999年

    MIEチャイルドラインセンター設立

  • 2003年9月

    NPOからの協働事業提案「行政と民間(NPO)協働でつくる子どもの心を 受け止める24時間フリーダイヤル相談電話設立に向けての段階的アプローチ」をMIEチャイルドラインセンターより提案、採択される。
    公開検討会を開催(事務局を担い、会議のファシリテートをする)

  • 2005年4月

    ※「子どものこころを受け止めるネットワークみえ」協定書署名
    「子どものこころを受け止めるネットワークみえ」の仕組み図はこちら

    ※「チャイルドライン24」実施組織 設立
    2005年度、2006年度の2ヶ年は三重県からの委託事業(パートナーシップ的契約、全資金の内一部を公的資金で負担)その後は新しい形の協働事業を継続、発展させている。

  • 2008年5月~2011年1月

    NPOからの協働事業等提案「県と市町及びNPOとの協働による市民(子どもを含むすべての市民)参画型子どもの権利条例づくりを通した子どもにやさしいまちづくり推進事業」を「チャイルドライン24」実施組織より提案、採択される。その後、「協働のテーブル」 をつくり話し合いを重ねた。

  • 2009年9月

    NPO法人チャイルドラインMIEネットワーク設立

  • 2011年11月26日~27日(日)

    第7回チャイルドライン全国フォーラムinみえ
    子ども支援フォーラム〜子どもの声が社会・地域をかえる〜 開催

  • 2012年2月

    こどもほっとダイヤルの開設(三重県より委託を受ける)

  • 2016年12月8日

    認定取得(認定番号三重県指令環生第05-160号)

名簿

平成27年度・28年度役員

代表理事 田部 眞樹子(特定非営利活動法人三重県子どもNPOサポートセンター)
専務理事 竹村 浩 (特定非営利活動法人三重県子どもNPOサポートセンター)
理事 秋山 則子 (特定非営利活動法人三重みなみ子どもネットワーク)
理事 水谷 孝子 (NPO法人体験ひろば☆こどもスペース四日市)
理事 市川 岳仁 (NPO法人三重ダルク)
理事 井上 良純
理事 市川 千鶴子 (子育ち広場∴ドロップin )
理事 冨田 美佐江 (NPO法人四日市まんなかこどもステーション)
理事 片岡 文 (特定非営利活動法人子どもステーションくまの)
理事 黒瀧 一輝 (特定非営利活動法人あそぼらいつ)
理事 佐野 雅代 (特定非営利活動法人こどもサポート鈴鹿)
理事 中谷 惠子
理事 西村 裕世(特定非営利活動法人松阪子どもNPOセンター)
理事 山下 恵子(特定非営利活動法人津子どもNPOセンター)
監事 出丸 朝代
監事 石川 正浩